がん抑制効果の期待出来るフコイダンを健康食品で摂取することが出来ます

フコイダンという成分は、モズクやわかめ、昆布などの海藻類の表面を覆っているぬめり感のある成分です。
激しい潮の流れや岩などで海藻の細胞が傷ついてしまった時に、細菌の侵入を防いだり、潮が引いてしまった後に外気にさらされて乾燥することから、海藻自体の生命を守る仕事を行ってくれています。

フコイダンをはじめ、アガリスク茸のように、がん細胞を抑制する効果があると認められている成分は、多糖類で構成されていることが多く、アガリスク茸にはない硫酸基が配合されているのがフコイダンの特徴です。

この硫酸基という成分は、私たちの胃粘膜を覆って胃粘膜の保護をしていることでも有名で、硫酸基と糖をより離さずに結合させることが、より体に作用できるものになります。

海藻をそのまま食べる事も勿論体には良い事ですが、問題はその分子の大きさです。

私たちの体は、栄養分を吸収する際には腸がその働きを担っていますが、腸管が栄養を吸収する事ができるようにするためには、低分子に加工する事が最適だと言われています。

海藻のままで摂取したのでは、その栄養素のほとんどが排出されてしまいます。
その為に、分子量を減らして小さく加工することで、腸管や舌下からも無駄なく吸収出来るような健康食品が開発されているのです。

このような健康食品を毎日摂取することにより、より高い吸収力を得ることができます。
手頃な金額で販売されているものも多く、利用しやすい商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ