健康食品を上手に取り入れて便秘を改善

健康食品とは、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝されて販売や利用されることで、学術的な認識とは独立し、社会的な認識において他の食品と区別される一群の食品のことをいいます。
一部は行政による機能の認定を受け、保健機能食品と呼ばれており、また、業界団体である日本健康食品協会は、厚生省の指導により規格基準を設定し、健康補助食品の認定マーク「JHFA」を発行しています。

食品の形態として、飲食物の形態や粉末や錠剤やカプセルが多く、ビタミンの栄養素や植物性の抽出物を補給するものはサプリメントと呼ばれています。

健康食品は普段の生活で不足した栄養素を補うための食品であり、自分に不足している栄養素を手軽に摂取することが可能です。

女性に多い悩みである便秘は、普段の食生活で不足しがちな食物繊維や乳酸菌、発酵食品などが不足しているのが一つの原因になっています。

それに加わり、運動不足や便意を我慢してしまうのも原因であると言われています。
また、生理前になると便秘になる女性もいます。

放っておくとますます悪化し、肌荒れや腸内環境の悪化、悪玉菌の増加、新陳代謝の低下などが起きてしまいますので、自然な食品から摂取し、自然にスムーズに排便が出来るように改善しましょう。

まずは、乳酸菌や食物繊維が足りているかを把握することが必要です。
日頃の生活で、善玉菌や食物繊維を摂取する機会が少ない人は、食物繊維や乳酸菌などのサプリメントを摂り、適度なウォーキングや決められた時間に排便をする習慣をつけてみることから始めてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ