武蔵野の自然の力に根付き発展する世田谷健康食品

グルコサミンやすっぽん等の健康食品や自然派食品、また、化粧品で有名な世田谷健康食品は、そのローカルな地名を前面に出したインパクトある社名に加えて、自然というキーワードを基幹に据えた企業理念に共感するところが少なくありません。
この会社がある世田谷区は、武蔵野台地の南東部に位置しています。

この地には多くの自然が残されており、それは、国木田独歩が明治31年に「国民の友」に発表した名作「武蔵野」に、当時の武蔵野の春夏秋冬の自然が書きとめられています。

この「武蔵野」では、例えば、武蔵野の落葉樹の林の美しさ、野原の美しさ、夏の日差しに浮かび上がる雲や川、古い民家や昔ながらの町並み、多摩川や等等力渓谷などのみずみずしい四季の風光が存分に語られています。

この武蔵野の大自然をまだ色濃く残している地を背景に、世田谷健康食品は、保存料とか合成着色料などを避けた自然の素材そのものを大切にした商品作りを展開しているのです。

人間も大自然のあらわれのひとつであり、大自然の懐の中でしか生きられない存在でもあります。
その意味で、自然の素材をそのまま生かした自然派食品は、最も体に優しく安心できる食品と言えます。

この会社の、食品を通して人のため社会のために貢献したいという思いは、群生したシロツメクサのなかで見つけた四葉のクローバーに込めた四つの思い、「自然、健康、笑顔、安心」という言葉に集約されています。

何ごとも、拠るべきは自然の力であり、それは、企業の発展の力にもなるものなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ