働く女性をターゲットとした美容健康食品

需要を大きく伸ばしている美容健康食品は、30代から40代の働く女性をターゲットとし、食品の形状も仕事や私生活に忙しい女性が利用しやすいよう工夫されています。
代表的なのはやはりサプリメントですが、それでは飲み忘れがあったり続けて飲むのが面倒になったりもする為、そういった生活サイクルも踏まえてドリンクやゼリー、粉末形状の美容健康食品が定番化してきました。

コンビニでもよく見かけるコラーゲン入りドリンクをはじめ、バッグに入れて持ち運べていつでも食べられる袋入りのゼリー、水のいらない顆粒タイプなどが主流となり変わらず売上上位を占めているコラーゲンに続き、最近ではヒアルロン酸とプラセンタの人気も高まってきています。

1gで6Lもの水分を抱えられるヒアルロン酸は元々体内で合成される成分ですが、加齢に伴い合成量が減少し、それはしわやたるみが気になり始める30代後半から始まります。

肌内部で網目のように張り巡らされたコラーゲンの間を満たしているのがヒアルロン酸で、代謝サイクルが早いため、減少するとコラーゲン自体も縮んで肌がしぼんでしまうのです。

この2種をバランスよく配合したタイプもあり、そういった物を活用すると別々に摂るよりも効果が高く、経済的にもお勧めできます。

また、クレオパトラや楊貴妃が美容のために摂取したとされるプラセンタは、アミノ酸やビタミン、ミネラル、酵素を含み、免疫力の強化や滋養強壮の他、美白効果もあるので働く女性にぴったりです。

このように成長を遂げている美容健康食品から、女性はこれからも目が離せないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ