年齢とともに減少するヒアルロン酸を健康食品で補う

人体に存在する成分にヒアルロン酸というものがあります。
この成分はムコ多糖類の一種で、保水力に優れ、肌の保湿やシワ、たるみの制御、関節などの機能維持、目の形を保ったり乾きを防ぐなどの働きを持っています。
このように、人間の体にとって非常に重要な役割を持つヒアルロン酸ですが、年齢とともに減少する性質を持ち、20歳をピークに減少しはじめ、60歳代になると20歳代の約半分の量になります。

ですから、減少していく分を補うのに、健康食品で摂取していきましょう。
健康食品として取り扱っているところには、まずDHCがあります。
商品は30日分が1,380円になっており、スクワレンやライチ種子エキスの他、ビタミンB2も含まれています。

また、ファンケルでは優れた吸収性を求めてナノ化を採用し、バリア機能のセラミドや潤いの材料であるN-アセチルグルコサミンも含んでおり、30日分で1,780円、徳用3袋セットは4,770円です。

わかさ生活の商品は、ナノ化と低分子化の2種類の大きさのヒアルロン酸が配合されていて、その他潤い成分のコラーゲンやエラスチンなどに加え、涙の成分としてラクトフェリンとムチンも含まれています。

通常価格は1袋が1,680円で、WEB価格になると5%オフの1,596円、また定期お届けコースでは10%オフの1,512円です。

その他、えがお、POLA、キューピーなどでもヒアルロン酸含有の健康食品を取り扱っていますので、公式サイトなどでそれぞれの詳細を見て、気に入ったものを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ