自然健康食品をもっと身近に

現代の私達が口にする食品の多くには食品添加物が使用され、影響する健康被害も認知されてきています。
そういった食への危機感から自然健康食品に着目して、積極的に良い物を体に取り入れようとする傾向が高まっています。
注目の自然健康食品として例を挙げると、まず雑穀米があります。
食物繊維やミネラルの豊富なもちきび・押し麦・黒米・赤米などを日本人の主食である白米に混ぜて食べられるので、毎日手軽に調理出来、栄養をしっかり摂れる点が人気です。

子供のおやつは、市販の菓子類は安いですし味も子供受けしますが、乳化剤・カラメル色素・イーストフード等の食品添加物が多く含まれていますので、自然健康食品を選ぶ母親もいます。

レーズンやドライマンゴー、塩ふき紅芋や黒砂糖等、シンプルで美味しい色々なおやつを探す事が出来ます。
そして、最近話題になっているのがミドリムシです。

ムシと名称に付いていますが実際には虫ではなく、わかめ等と同じ藻類に分類され、動物と植物両方の栄養素を持ち合わせた驚くべき新素材として注目されています。

野菜が持つビタミン類が14種類、肉類が持っているアミノ酸が必須アミノ酸を含め18種類、魚が持つ不飽和脂肪酸の他に、カルシウム・葉酸・鉄分など計59種類もの栄養素が同時に摂れるという優れものです。

サプリメントやドリンクからラーメン・クッキー等、様々な食品に用いられ始めており、消化率も93.1%と非常に高い事から益々注目を集めている食材です。

その他にも、豆類・お茶・パン・惣菜類まで色々なジャンルで自然健康食品を見付ける事が出来ますので、敷居が高いと考えずに、好きな食材から取り入れてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ