薬事法における健康食品の定義

薬事法では、医学的な治療を目的とする医薬品と、その効果のない健康食品とが一般消費者に混同されないよう、規定が定められています。
医薬品は、品質や有効性、安全性の確保のため、国の承認や許可制度など数種類の規制があり、許可がないまま製造や販売を行うことが禁止されているので、食品である健康食品に医薬品に該当する成分を用いたり、医学的効果のありそうな紛らわしい効能を表示したりすると薬事法に違反し罰せられます。

このような規制を設けるのは、それらに医学的効果がないことを消費者に示す為という以外にも、体に不調箇所があった場合、適正な時期に医療機関にて診察を受け、疾病が悪化する前に治療を行わせるという大切な目的があります。

例えば、サプリメントの広告やパッケージに「癌が治る」、「慢性病に良い」、「自然治癒力を高める」などと記載する行為や、「専門家も認めた成分」、「体質改善で知られる成分が原料」といった表現も消費者の混乱を招いたり、医薬品のような効果を期待させる恐れもあるため禁止されています。

また、一種の好転反応を予想させる表現も禁じられていて、下痢や発疹が体内浄化の好転反応と記載したり、体調不良は体内の悪い物質と戦っている証拠といった瞑眩反応の表現をすると、万が一アレルギーがあった場合、消費者は我慢を重ねて医療機関を受診する機会を逃し、重症化してしまうことになりかねません。

ダイエットや美容、体力増進など目的は多々ありますが、まずは食生活をはじめとする生活習慣を正して、健康食品はあくまで補助的な物と考えて取り入れることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ