ガン細胞になる過程と健康食品を使用した治療法

日本人の死亡原因で1位になっているのがガンであり、年間の死亡者の中で、3人に1人がこの病気によって命を落としています。
そもそもこの病とは何かと言うと、元々は体の中にある正常であった細胞が変化して出来たものです。
人間の体には60兆個もの細胞が存在していてそれらは数日で死んでいきますが、死ぬ前に細胞分裂で自分のコピーを作っています。

細胞分裂によって生まれた細胞は、爪だったら爪、皮膚なら皮膚というように同じ細胞へとコピーされます。

その際、コピーに失敗することがあり、こうして生まれた細胞は不完全な状態が多い為すぐに死んでいくのですが、死なない細胞もあり、それがガン細胞です。

このように出来たガンには、手術や放射線治療などの治療法が一般的に挙げられますが、この方法を補うあるいは代わりに行う治療として、健康食品を使った補完代替療法が注目を集めています。

では、健康食品にはどういった物があるのかと言うと、例えばきのこのアガリクスは、免疫細胞の働きを高め、ガン細胞を排除すると言われていますし、また、放射線による治療などで起きる副作用の軽減も期待出来ます。

そして、ミツバチの巣から採れるプロポリスは、飲み続けることでこの病気の増殖を抑制する働きがあるとされています。
他にも、ビタミンCやE、緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドなどは、病の悪化の原因ともなる活性酸素を除去すると言われています。

様々な治療法が挙げられる中で、健康食品を利用した治療も一つの方法として参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ