コラーゲンはサプリメントや健康食品からの摂取が効果的です

一般的な成人の体の約60%は水で出来ています。
赤ちゃんの場合でおよそ75%、子供で約70%、老人になると50%程度と、年齢によって水分の割合が少なくなってきます。
成人では、水分量の残りが40%を占めているのがタンパク質で構成されており、その約30%がコラーゲンと言われています。
この成分は、臓器を支えたり細胞同士を繋いだり、筋肉と骨を結ぶ腱などを作っており、人の体を維持して行く為になくてはならない重要なタンパク質です。

また、肌の土台である真皮の約70%近くがコラーゲンで、肌の弾力を保つ役割を担っており、コラーゲンの存在は女性であれば周知の事実でしょう。
ですから、不足すれば肌だけでなく体全体に影響が出て来ます。

爪が薄くなって割れやすくなったり、髪のツヤがなくパサパサしたり、歯周病の原因にも繋がります。
酷く不足してしまうと、生活習慣病からくる高血圧や脳梗塞、糖尿病などの症状が現れたり、関節痛や骨密度の低下といった症状も起き易くなります。

体内のコラーゲンは20代をピークに減少の一途をたどるので外から摂取する必要があり、鶏肉の皮や手羽先、フカヒレや魚の煮凝りに多く含まれていますが、これらの食品を毎日食べるのは難しく、食品中では高分子であるため、吸収されずそのまま排出されてしまうケースも考えられます。

この様な事を考慮すると、吸収されやすい状態になったサプリメントや健康食品を活用した方が効果的であると言えるでしょう。

また、化粧品や注射で成分を直に送り込む方法がありますが、土台から強化する為には、毎日取れるサプリなど健康食品で内側からのケアが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ