健康食品における広告の注意点

近年は人々の健康に対する意識が高まってきたことから、多種多様な健康食品の売り上げが増加しています。
体調を良好に保ち、病気を予防する手助けになりますが、そのような食品に認定されるには様々なルールが存在します。
健康食品には法律上明確な定義はありませんが、主に「健康の維持、増進を目的として販売、利用されている食品」のことを指します。

この中には「特保」と呼ばれている「特定保健用食品」や「栄養機能食品」も含まれていますが、保健機能食品という区分で一定の条件を満たし、消費者庁の許可を得なければ認定されません。

これらの食品については、病気の治療などに使われる医薬品との混同を避けるために、薬事法による規制も関わっています。

その理由は、あくまでも食品であるものに医薬品の成分を配合したり、医薬品と紛らわしい広告を打ち出したりすることにより、医薬品と食品に対しての正しい認識を混乱させることを防ぐためです。

それぞれに対しての理解が混乱することにより、医薬品に対して不信感を生じさせる、健康被害を生じさせるなどの危険を発生させる恐れがあるため、厳格な規制が設定されています。

健康食品であるにも関わらず医薬品の様な効果、効能をうたう広告を出すことは薬事法に抵触します。
例えば、「がんが治る」「白血病に効く」など病気の予防や治療効果があるような広告は違反となります。

他にも、「肌にハリが出る」「疲れにくい体にする」など、体の機能や部位に作用して効能があるように思わせることも違反であるため注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ