健康を維持するためのセルフチェック

今、巷では空前の「健康ブーム」です。
また、医療への意識の改善や医療設備の発展に伴い、病気の早期発見を訴える声が多くなりつつあります。
そのためにも、自分の健康状態を定期的に知ることは健康維持にとても大切です。

それには、セルフチェックできちんと確認しなければなりません。
また、ブームの中の氾濫している情報の中から本当に役立つ情報を知り、用いることも大事になってきます。

そのためには、年に一度の健康診断を習慣づけることをお勧めします。
気になる費用ですが、会社勤めの人であれば、検査項目にもよりますが、ほとんどの場合は企業が負担してくれます。

また、より細かくチェックをしたいのであれば、「人間ドッグ」を受診するというやり方もあります。
これについては自由診療なので、費用は個人の負担になります。

しかし、「人間ドック」は施設やコースにもよりますが、MRI、PET、超音波検査などの画像検査をしてくれますので、がんなどの発見にとても有効です。
この他にも、簡単にセルフチェックができるツールとしては、最近では携帯電話を使った方法があります。

自分の生活習慣を自己認識でき、生活習慣病(糖尿病など)の低減に役立つ「メタボチェックシステム」、「こころの体温計」といった、自分のこころの状態をゲーム感覚で答えることで、ユーザーの心理世界をビジュアルに確認するエンターテインメント性の高いものもあります。

いずれにしても、病気になる前にそれを未然に防ぎ(未病)、体とこころの病気のための自分なりのセルフチェックが健康維持に大きな効果を生み出します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康チェック

このページの先頭へ