昔から飲まれ続けている沖縄の健康茶には、たくさんの種類があります

沖縄がまだ琉球王国と呼ばれているほどの昔から、人々の生活の中で飲まれてきた沖縄の健康茶。
その独特の風土から生まれた数々のお茶には、健康志向となった現在、多くの分野から注目を浴びる栄養成分が豊富に含まれています。
その特徴として、アクなどの個性が強すぎて食用としては不向きな植物などをお茶として飲めるようにしているという点があり、そうすることにより、簡単で美味しく栄養成分が摂取できるようになるだけではなく、季節に関係なく一年を通じて楽しめるようになるのです。

そんなお茶の中でも代表的なものを、いくつか紹介すると、まずは代表的なのはゴーヤー茶です。
夏の代表的な野菜として誰もが知っている、ゴーヤーをお茶にしたもので、野菜には独特の苦味がありますが、お茶にすることにより苦味が抑えられています。

次にウコン茶。
ウコンは琉球王朝時代から高級品として大切にされてきた食材で、昔は許可された一部の畑でしか栽培が許されていなかったほどで、そんなウコンにはクルクミンという有効成分が含まれており、健康茶として愛飲されています。

三つめはグァバ茶。グァバのまだ熟していない果実や葉、茎を焙煎して作るお茶で、とても栄養価が高いことでも有名です。
そしてハイビスカスティー。
ハイビスカスの花は南国の花として有名ですが、その中でもローゼルという種類の蕾を材料にして作られています。

独特の酸味がある鮮やかな赤いお茶で、甘い香りはハーブティの材料にもなっています。
レモンの17倍ともいわれる量のカリウムが含まれており、高血圧やむくみに効果があります。

その他にもたくさんの種類の沖縄の健康茶が飲まれ、健康目的だけではなく、色々なお茶を試してみて、味や風味の違いを楽しんでみるのも良いですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康茶

このページの先頭へ