健康茶の作り方や、他の健康茶や薬を飲む際には注意が必要です

健康茶の原料である、薬草から作る場合、まず薬草を採取する必要があります。
薬草が生えていて、採取が可能な場所をあらかじめ調べておくことも大切ですが、重要なのは、汚染されていない清浄な土地で、薬草を採取してもトラブルにならないような場所を選ぶことです。

そして、薬草の有効成分がもっとも多くなる時期に採取すると良いでしょう。
採取した薬草は、よく水洗いをして汚れを落とし、虫などが付着していないかを確認し、水洗いした薬草は、水切りのよい容器に移して十分に水気をきり、日干しや陰干しにして乾燥させます。

日干しは、日なたに広げたり、吊るしたりして直射日光をあてて短時間に乾燥させ、陰干しは、風通しのよい日陰に広げたり、吊るしたりして乾燥させます。

次に、刻んで小さくし、容器にいれて保管します。
紙袋などに入れて、風通しのよい場所で保管するか、密封容器で保管する場合は乾燥剤を入れて保管します。
乾燥剤は、お菓子や海苔などに入っていたものを再利用しても良いでしょう。

健康茶も他のお茶と同じようにお湯で煎じて飲みます。水出しでは、成分が十分に浸出しにくいので、必ずお湯を使用し、できればネットで煎じるようにします。

一度に何回飲んでも問題なく自由に調整できますが、他の健康茶と併用するときは、時間をずらして飲むようにし、また、他の薬を飲んでいる方であれば、かかりつけの病院で相談してから飲むようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康茶

このページの先頭へ