ヒアルロン酸の成分を注射で注入すると

ヒアルロン酸は元々人間の身体の中にある成分で、ムコ多糖に一種です。
人間の身体の中では、関節、眼の硝子体、皮膚などに多く含まれています。
この成分は年齢と共に減少していき、20歳を過ぎると子供の頃の半分から4分の1程度の量にまで減少してしまうといわれています。

歳を取ると関節が痛みだしたりする事がありますが、膝の関節部分にも多くのヒアルロン酸の成分が含まれており、これが年齢と共に減少し、元々潤滑剤の役割をしていた成分が失われることで痛みが起きるとも言われています。

美容の世界ではこの成分を利用した施術が取りいれられていますが、例えば、ほうれい線の除去やシワなどを目立たなくさせる施術では注目されています。

施術はとても簡単で、施術を行う箇所に注射器を使いヒアルロン酸を注入するだけです。
この成分を注射すると同時にほうれい線やシワは目立たなくなります。
しかし、この成分は体内に吸収されてしまうので、持続効果はありません。

長く効果を得る事は基本的には無理な話で、ほうれい線を常に目立たなくするためには、定期的に成分を注入していく必要があります。
定期的に注入をしても、元々身体の中にある成分であるため副作用が無いといわれ、安全性についても確立されているのです。

また、ヒアルロン酸の成分を含んだ化粧品やサプリメントも販売されており、商品によっては効果が期待出来る物もあるそうですが、局部にダイレクトに注入できる注射は効果があるとWEBでも口コミされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ