ヒアルロン酸には、肌の保湿と弾力の維持、老化防止、傷の治癒、生理通痛の解消などの効果があります

ヒアルロン酸とは、身体の全ての結合組織に存在し、その中でも皮膚や関節になどに特に多く含まれているゼリー状の成分で、ムコ多糖類の一種です。
お肌のハリや潤いなどを保つ働きや各関節でのクッションの役割を果たしていて、ひざやひじなどの関節を円滑に動かす働きもしており、他に細胞を活性化して、各栄養分を運んだりもします。

ヒアルロン酸含む食品としては、鶏の軟骨や手羽、フカヒレやうなぎなどに多く含有されています。
ヒアルロン酸の効果としては、肌の保湿と弾力の維持、老化防止、傷の治癒、生理通痛の解消などがあり、保湿効果が高いのが魅力の一つです。

1グラムあたり6リットルもの水分が保持でき、抜群の保水力を持っていると言われています。
保水力を保持することで、肌のしわやたるみ、乾きなど防ぎ、そして細胞の間に含有することで、皮膚の潤いと弾力を保ちます。

次に傷の治りや生理痛への効果も期待できます。
体が潤うことによって栄養分などもスムーズに運ばれるので、結果として代謝が促進され傷の治りに有効に働き、また女性特有の悩みの生
理痛を大幅に緩和できることが、臨床実験でも明らかになっています。

ヒアルロン酸はお肌にだけ必要な成分ではなく、関節にも必要な成分です。
皮膚に限らず関節液や関節軟骨にも多く含まれています。

関節の動きをよくする潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収し、緩和する働きをし、関節治療では注射することによって関節痛、ひざの痛みの緩和に使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ