ヒアルロン酸の構造はアミノ酸

ヒアルロン酸は人間の身体の中にある成分で、関節や皮膚などの場所に多く存在しています。ヒアルロン酸がもたらす効果というのは、保湿や保水というもので、肌の潤いには無くてはならない物です。
しかし、年齢と共にこれは減少をしていってしまいます。

どんなに素晴らしい薬があったとしても、加齢を止める事は出来ないわけですから、保水力や保湿性を保つために必要なこの成分は、常に減少していくことになります。

ヒアルロン酸の構造は、糖を構成する炭素、水素、酸素が主体となり、酸素の一部が窒素に置き換えられたアミノ酸です。
構造自体はとても複雑に思えますが、水との親和性というものが優れているため、水を吸収してくれる栄養素になります。

年齢を重ねるとどうしても肌が乾燥しやすくなり、若い頃は瑞々しい張りのある肌でも、年齢とともに張りは失われ、肌は乾燥したようになります。

少しでもこの乾燥が無くし、張りを持たせたいと願う人は多く、そのため成分が配合されている化粧品などを使い補っています。
化粧品に含まれる成分の量によってはある程度の効果は期待出来るわけですが、若い頃と同じ様な状態にするためにはこれだけでは不足してしまいます。

そのため、ヒアルロン酸、またはアミノ酸のサプリメントなどを利用して補ったりし、また、この成分は美容の世界でも利用されています。
これは注射により体内に注入する事で効果を期待出来るものですが、これは時間の経過と共に元の状態に戻るというデメリットがある事を覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ