ヒアルロン酸は、熱に対して非常に弱いため、保水能力を得られる成分を食材から取ることは困難となっています

ヒアルロン酸は、繊維組織と細胞を密着させて水分を蓄える機能を持ち、特に保水能力は大きく、1つの成分に対して6000gという量の水分を保持できる機能を持っています。
この保水力能力が肌の潤いに影響を及ぼす事になるわけです。

もし、成分が減少してしまえば、保水能力が減少傾向になり、肌の潤いも保てなくなります。
この成分は年齢と共に減少をしていき、これは人間の定めでもあります。

しかし、この成分は補う事で保水能力を高める事も可能だと言われており、美容の分野などでもこの成分を利用したプチ整形なども人気があります。

また、ヒアルロン酸はいくつかの食材に多く含まれており、これらの食材を使った物を摂取する事で成分を補給する事が可能であると言われています。
その食材は下記のようなものです。

うなぎ、豚足、鳥の軟骨、手羽先、魚などの目玉、ふかひれ、雌株や昆布などのぬめりの強い海藻などです。
魚の目玉や豚足は別としても、他の食品は普段の生活の中で食べられている食材でも含まれています。
これらの食材を食べる事で肌の潤いが出るのであれば、それほど補給をするのは難しくないようにも思えます。

しかし、このヒアルロン酸は熱に対して非常に弱く、熱を加える事で保水能力が失われてしまいます。
先ほど上げた食材はいずれも生のままで食べるものではありません。

いずれも加熱を行い調理をしてから食べる食品です。
そのため保水能力を得られる成分を食品・食材から取ることは困難になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ