ヒアルロン酸美容液で失敗した理由とは

女性の多く、特に20代後半以上の女性は美容液を利用していることが多と思います。
というのも、やはり年齢があがるにつれて、肌に不安を感じてしまうことが増えてくるからです。
一言でいえば肌の老化で、肌の老化は女性にとって考えたくもないものですから、その老化を少しでも遅らせようとして美容液を利用することが多くあります。

ただ美容液といってもいろんな種類があり、そのなかで人気が高いのがヒアルロン酸が配合されている美容液ですが、それは皮膚のなかで減少してしまうと、肌のハリがなくなり見た目の年齢が高くなってしまった悩みを解決する手段としても選択されています。

ヒアルロン酸を美容液で肌から浸透させようというのです。
この美容液を利用しているけど、なかなか実感を得ることができなくて失敗したと感じている人がいるようです。

それは配合されていたヒアルロン酸の分子量が影響で、というのも、ヒアルロン酸は分子量が大きいものと小さいものとがあるのです。

分子量が大きいと肌の奥まで浸透されることがなく肌の表面に留まってしまい、それはそれで肌をプルプルにする効果がありますが、それは一時的な効果だけなので、洗顔してしまえば効果がなくなってしまいます。

だからこそ、根本的に肌の老化について考えるのならば、分子量の小さいヒアルロン酸が含まれている美容液を選ぶべきです。
そうすれば、肌の奥まで浸透して、年を重ねていってもいつまでも若々しい美肌でいることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ