目の下のしわ治療にはヒアルロン酸が有効

ヒアルロン酸は元来、皮膚の真皮内や関節部分、目の硝子体、へその緒に多く存在する生体内物質です。
水を吸収して、保持する能力に長けている為、肌や関節、眼球に潤いや弾力を持たせることが出来ているのです。

人は加齢と共に、この生体内物質が減少していき、それに伴い、皮膚の潤いも減少し、しわが生まれていきます。
女性にとって特に気になるのは、加齢に伴う頬、口元のしわ、たるみです。

顔の老化は特に頬に現れやすいのです。
頬のパッド状の脂肪が皮膚の弛みや伸びと共に下がる事によって、頬のトップの高さが下がります。

それに伴い、クマが深く目立つようになり、脂肪が割れたように頬中央に割れ目が現れます(ゴルゴライン)。
さらに、ほうれい線のしわも深くなり、口角からハの字のしわが出現します(マリオネットライン)。

こうした、頬や口元、目の下のしわやたるみを改善するために、ヒアルロン酸注射で修正することが有効なのです。
この注射はわずか数分で効果が実感できる施術で、加齢と共に減少した物質を注射で足してあげる事によって、しわやたるみが改善されるという理屈で、効果がはっきりと現れるのです。

しかし、注意しなければならない点もあります。
注射を打った後、この物質は少しずつ体内に吸収されていってしまうので、定期的に施術を受け続けることが必要となります。
注射を打ってから効果が持続する期間は、およそ6ヶ月から2年です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ