ヒアルロン酸を多く含む食べ物は、日常の食生活では摂取しにくい

ヒアルロン酸は、肌に潤いを与えることで美容で注目を集めています。
健康食品や美容食品、化粧品の添加物や医療品の主成分として良く使用されます。
もともと体内の至るところに存在するもので、身体の中で特に多く含まれているのは、皮膚や関節が眼球です。

個人差はありますが、一般的加齢とともに体内のヒアルロン酸は減少していくと言われています。
体内で少なくなると、皮膚の弾力と保水量が減少してシワやたるみの原因となったり、他にも身体の様々な箇所に影響がでます。

体内で作られる量では、どうしても不足しがちになります。
人間だけでなく全ての脊椎動物に存在するとされていて、特に鶏のトサカに豊富に含まれています。

その他に多く含まれている食べ物は、鶏の皮や手羽、軟骨、豚足、豚耳、魚の目玉などです。
日常の食事から摂取したいところですが、食べ物からの摂取は難しいです。

それは加熱するとヒアルロン酸の保水力が失われてしまう点にあります。
しかし、多く含まれている食材は加熱しなければ食べられず、しかも日常の食卓に提供されることが少ない食材ばかりです。

私達の身体に良い効果を発揮すると分かっていても、これらの食べ物を日頃食べるのは難しいです。
そのため最近では、サプリメントやドリンクを利用する人が多くなっています。

高い保水性の効能を享受するには、天然の食材から摂取するよりも吸収率を考慮して開発されたサプリメントや健康食品から摂る方が、効率的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ