ヒアルロン酸を身体に取り入れるには、高分子から低分子に分子量を減らして摂取することが大切です

ヒアルロン酸の分子量は、すべて同一ではありません。
存在する身体部位や年齢や役割によっても異なります。
ダルトンは、質量を表す単位ですが、関節液は800万ダルトンにも及ぶ量になっています。

巨大な質量を持つため経口摂取しても身体の中に吸収されにくいので、食品として摂取するには、低分子化する必要があります。
低分子化することで、組織や器官の形状保持や衝撃緩衝に役立ちます。

高分子の場合は、100万から150万ダルトンという高分子の質量がありますが、そのままでは身体に吸収されるのが難しいです。
体内に吸収されて最も効率良く働くためには、分子量を減らして低分子化させることが大切です。

しかし、必要以上に低分子化すると十分に水分を保持することが出来なくなって機能を果たさなくなるので、一定の大きさの低分子にすることが重要になります。
人間の皮膚は、5000ダルトン以下でヒアルロン酸が身体に浸透していきます。

高分子の場合は、数百倍もの質量があるので人間の皮膚や肌に浸透するのが困難です。
一方、低分子の場合は少ないもので4000ダルトンです。

多いものですと、8000ダルトンありますが、その場合大幅に超えますが、それでも高分子に比べてはるかに低い質量になっています。
低分子のものを摂ると皮膚や肌といった身体に水分が吸収されやすいです。
ヒアルロン酸を身体に取り入れるには、高分子から低分子に分子量を減らして摂取することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ