ヒアルロン酸の成分について

ヒアルロン酸は人間の身体の中にあるもので、皮膚、眼球、軟骨、そして関節などに含まれる粘着性の物質です。
粘着性というのは粘り気がある性質を指し、ヒアルロン酸があることで肌が潤ったり、関節を自由に曲げたりして歩く事が出来るのです。
もし、この物質がなくなってしまった場合、人間は乾ききってしまうと言っても良いでしょう。
その理由の1つに保湿性があります。

ヒアルロン酸は保水力が高く、僅か1グラムの量で6リットルもの水分を保持する事が出来ます。
もしもこの物質が少なくなれば、それだけ保水力は低減してしまいますので、乾いた肌になってしまう事になります。

このヒアルロン酸は食べ物から摂取する事は難しいと言われており、そのため、サプリメントなどで補う事になるのですが、現在この成分は人工的に作られています。

以前は鶏のトサカを利用して抽出していたのですが、鳥インフルエンザなどの影響を受けて、現在では人工的に作られるものが主流となっています。

この物質はムコ多糖の1つで、同じムコ多糖類にはコンドロイチンやグルコサミンなどがあり、どれも美容には欠かせない成分なので、これらの有効成分を配合したサプリメントは人気があります。

サプリメントを利用して補給を行う事で、肌の張りが出ると同時に、シワやたるみなどが改善されます。
また、この物質はコラーゲンとの相性がとてもよいとされていて、コラーゲンもこの物質も人間の身体には無くてはならない存在なのです。

肌の張りや潤いが減ってきたと感じたら、積極的にヒアルロン酸を摂取することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ