ヒアルロン酸の化粧水(ローション)

ヒアルロン酸は、私達の体内の至る所に存在しています。
その濃度は部位によって異なり、特に濃度が高いのは、へその緒や関節にある液、目の硝子体、皮膚等です。
皮膚の濃度変化としては、40歳後半から加齢と共に減少してしまいます。
女性は、アンチエイジングの為に、食品やサプリメント、化粧品でもヒアルロン酸入りの商品を買う人が多くいます。

食品でも摂る事は出来ますが、ふぐ、うなぎ、豚足、手羽先や鳥のトサカなど毎日食べる事が難しい食材ばかりで、更に熱に弱いという事が難点です。

サプリメントは、内側から体全体をケアしたい人には最適ですが、顔を重点的にケアしたければ化粧品をお勧めします。
化粧品のジャンルでは、手軽な値段設定の石澤研究所のシリーズが人気で、1番人気なのは化粧水(ローション)です。

化粧水を付けた時だけ潤うのではなく、新配合の尿素誘導体が空気中に交わり、肌の奥の水分にまで角質層を引き寄せてしっかり保湿します。
このローションは肌に優しくシンプルなのが特徴で、無鉱物油、無色素、無香料、ノンパラベンとシンプルな成分です。

そして、容量が120mlで1,575円と、価格は手頃なのに内容が充実しているので人気があります。
こういった市販品もありますが、自分でも化粧水を作る事が出来ます。

作り方は簡単で、材料は粉末状のヒアルロン酸と精製水だけです。

精製水10mlに対して0.01gの粉末を混ぜるだけで完成し、出来上がったローションは、冷蔵庫に保存して1週間以内に使い切り、使いすぎないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ