ヒアルロン酸で関節の痛みを和らげる

ヒアルロン酸とは体の関節部などにある成分で、粘液状で弾力性があり、高いクッション性を持つので関節部の保護に役立ち、保水力も豊富で肌に潤いを与える効果がある事が知られています。
ただ、加齢によって減少し、不足すると軟骨の動きが鈍くなり、膝の痛みや関節痛などの症状が出やすくなる原因となってしまいますので、食事などで補う事が大切です。

ヒアルロン酸を多く含む食品としては、鳥の皮やフカヒレなどがありますが、これらの食品を毎日摂取するのは大変で、熱に弱いという性質もあるので調理が難しく含有量も決して多い訳ではありません。

そこで、手軽に摂取できるサプリメントをお勧めします。

継続する事で潤滑油の役割を高めて軟骨の動きを維持し、ヒアルロン酸の豊かな保水力で、女性に喜ばれる美白・美容・アンチエイジングなどの効果も期待できます。

更にヒアルロン酸は化粧品などに使われているものもあるので、みずみずしい肌を保ちたい方は、毎日のお手入れに使用できます。

サプリメントはすでに軟骨が磨り減った事による炎症や痛みなどの症状を完全に改善するものではないので、痛みが強くならないうちに予防として取り入れると良いでしょう。

痛みが強く歩行に支障が生じてきた時は、整形外科でヒアルロン酸の注射を打ってもらう事が出来ます。
医師の診断により、直接関節内に注入する事で効果を長期間持続する事が出来ると言われていますが、定期的な通院が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ