女性の育毛では、ホルモンの分泌を助ける食品や成分を摂取することが大切です

髪に関して悩む男性は多いですが、最近では薄毛や抜け毛に悩む女性も増えています。
原因は様々ですが、女性の場合、加齢によるホルモンの減少が大きな理由の一つになっています。
ホルモンは身体に丸みを与えたり、髪や肌のハリと潤いに大きく関与していて、非常に重要です。

また、ホルモンは育毛にも関わっているので、ホルモンが減少すると発毛が促進されなくなります。
しかし加齢と共にホルモンが減少するからといって、諦める必要はありません。
ホルモンの分泌を助ける食品や成分が存在するからです。

例えば、大豆イソフラボンやプラセンタは女性ホルモンの分泌を促し整えてくれます。
大豆イソフラボンは、納豆や豆腐・油揚げ等の大豆製品に多く含まれています。

プラセンタは原料が牛・馬・豚・羊の胎盤なので、毎日の食事で摂取することが難しいですが、サプリメントやドリンク・ゼリーを利用すると気軽に摂取することが可能です。
そのほかにもシステインが主成分のサプリメントも発毛に効果的です。

システインは髪・爪・肌を構成しているアミノ酸の一種で、毛髪を作る材料になる大切な成分です。
髪だけでなく、システインは爪や皮膚を健康に保つ効能も期待されています。

サプリメントだけでなく育毛を考えるなら、食生活を改善することも大切です。
血液がドロドロになると、栄養が頭皮に行き渡らすに、抜け毛や薄毛の原因になるからです。
血液をサラサラにするためには、肉中心よりも魚や野菜中心の食生活を心掛ける必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ