現在では医師の指導の下で育毛治療を行うことができます

以前は薄毛の予防の方法といえば、育毛剤を使用する程度しかありませんでした。
育毛剤の種類も少ない上に、中高年の男性向きの商品ばかりであり、若年層や女性を対象とした商品は見当たりませんでした。
薄毛の相談をする相手は、理容師や美容師であり医師による診断を受けることはできませんでしたが、この10年間でこれらの環境は一変したように思われます。

現在では育毛剤の種類も多様になり、女性専用や若者を対象とした商品も開発され販売されるようになっており、育毛剤以外の育毛グッズも様々な種類のものが存在するようになっています。

医師による薄毛治療も行われるようになり、医師の指導の下で育毛治療を行うことができるようになってきました。

さらに医学会による薄毛治療のガイドラインが発表され、これは世の中にある薄毛治療に用いられている育毛剤や外科的治療の信頼度をランク分けするというものであり、個別に医師が行うようなことは過去にもありましたが、学会として発表するということは画期的なことであり、以前には考えられなかったことでしょう。

この発表によると飲む育毛剤として有名になっている商品と、高血圧の治療薬から育毛剤になった商品とが、特に効果的であるという最上位にランクされています。

これらの育毛剤はアメリカでの臨床実験において、被験者に発毛が認められることが発表されており、それを背景にしての正式な評価だと思われますが、医師の学会が正式にお墨付きを与えたという事実は非常に重いものだと思われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ