プラセンタや大豆イソフラボンで育毛促進

歳を取ると、女性でも抜け毛や薄毛に悩む人が多くなります。
その原因は女性ホルモンにあります。
この女性ホルモンは女性の健康や美容にとって非常に大切で、身体の丸みを作ったり、肌や髪のハリと潤いに大きく関わっています。
また、発毛にも関与しています。

この女性ホルモンは、加齢によって減少します。
女性ホルモンが減少すると、発毛力が弱まったり、肌や髪にハリや潤いが無くなってきます。

さらに、イライラやめまい・火照り・倦怠感を感じることが多くなります。
しかし、歳だからといって諦めるのはまだ早く、女性ホルモンの分泌を促し、整えてくれるものがあります。

それは大豆イソフラボンやプラセンタで、女性ホルモンの分泌を助けてくれる働きが期待できます。
大豆イソフラボンは、納豆や油揚げ・豆腐に多く含まれているので、普段の食事から摂取することが可能です。

一方のプラセンタは、豚・羊・馬・牛の胎盤が原料なので、普段の食事からは摂取できないため、サプリメントやドリンク・ゼリー等を利用すると便利でしょう。

また、育毛に大切なのはホルモンだけでなく頭皮の状態も重要です。
頭皮の毛穴に皮脂やフケが溜まっていると、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

薄毛対策をするなら頭皮の状態もチェックして、問題があれば改善する必要があります。
しかし、自分では頭皮の状態が分からないので、育毛専門店でチェックして貰うことをオススメします。

最近では、無料で頭皮チェックをしてくれる育毛店が増えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ