宮迫が隊長を務めた育毛計画とスカルプD

スカルプDは医療機関と共同開発し、薄毛に悩む人の為に作られた薬用シャンプーで、抜け毛や薄毛に悩みを持つお笑い芸人を起用したCMが一躍話題を呼びました。
雨上がり決死隊の宮迫博之を隊長とし、K-BO-BOプロジェクトと銘打った、医師による月1回のメディカルチェックを受けながら育毛に取り組む姿も注目を集めました。

宮迫はこのプロジェクト中に、スカルプDと頭髪治療の併用だけでなく、ドクターとのカウンセリングで育毛の弊害となる禁煙を実行し、生活習慣の改善にも努めました。

こうした併用効果により、プロジェクト開始からわずか5か月間という短い期間にも関わらず、薄毛回復の効果が見られます。

さらに、プロジェクトメンバーのフットボールアワーの岩尾望、ブラックマヨネーズの小杉竜一、ペナルティのワッキー、井上マーなど、吉本興業の人気芸人が参加しました。

このスカルプDは延べ23万8千件の臨床データの結果を基に生み出されており、男性シャンプー市場では売り上げトップの座を走り続けています。

頭皮を洗うシャンプーの先駆けとも言える存在や、話題を呼んだCMの効果もさる事ながら、このシャンプーのヒットを支えている理由に、毎年必ず製品をリニューアルしているという事が挙げられます。

毎年リニューアルを行うのには訳があり、一つは常に最先端の製品を消費者に提供する為で、もう一つは、常に他社の追随を許さない為です。

毎年新しいスカルプDを市場に投入する事で他社が追い付けない存在となり、売り上げナンバーワンをキープしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ