薄毛の原因と育毛剤選びの比較ポイント

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしていると言われています。
最近では薄毛に悩む女性も増加傾向にあり、その背景には、ホルモンの影響や遺伝子的要素、食生活や生活習慣はもちろんの事、ストレスといった原因も考えられています。
髪を含む全ての体毛は伸び続けるという事は無く、髪の毛は成長してから自然と抜け落ち、毛根からまた同じように新たな毛が生えて来るというサイクルを繰り返しており、人によって異なりますが、1日に平均50本から100本近く脱毛していると言われています。

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態で、髪の本数はあまり変わらなくても、生えている毛が細くなってしまうケースと、そもそも抜け落ちて髪の毛の本数が減ってしまうケースに分けられます。

血液循環の不良や脂漏の分泌が多い、遺伝的に男性ホルモンに影響されている事が原因であると考えられている説が有力で、薄毛を起こす原因に合わせて、脱毛を予防して発毛を促す薬剤は数多く販売されており、頭皮ケアに加えて、こうした育毛剤を上手に使用してヘアサイクルを正常に保つケアは薄毛に効果的です。

各メーカーから販売されているものには、血行促進や細胞を元気にしたり、頭皮殺菌の効果を配合した成分をそれぞれ独自に組み合わせ、製品の特徴付けを行っています。

育毛剤を選ぶ際の比較ポイントとして、頭皮への刺激を与える添加物はあまり含まれていない製品の方が良いでしょう。

なぜなら、薄毛に悩んでいる人の頭皮は、過度の脂性や乾燥性、炎症を起こして弱っている可能性が高く、防腐剤や界面活性剤の様な添加物が頭皮にさらにダメージを与えかねないからです。

加えて、育毛剤の本当の効果を知るには半年から1年は使い続けなければならないので、長期間使い続けた際の費用を考え、経済的に負担にならない製品を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ