育毛の効果が期待されるノコギリヤシ

ノコギリヤシは北米から中南米に自生するヤシ科の低木で、ギザギザした葉をつけることから英語で「ソウ・パルメット」と呼ばれています。
古くから北米インディアンは、果実を男性の強壮や利尿のために食用し、また、中国でも泌尿器疾患の漢方薬として使用されており、現在でもヨーロッパでは前立腺肥大症の治療に用いられる植物です。
脱毛症の多くは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが原因であると言われています。

そのジヒドロテストステロンは、皮脂を過剰に分泌させ毛穴を詰まらせるため 抜け毛や薄毛の原因となりますが、ノコギリヤシには、このジヒドロテストステロンの生成を抑制して抜け毛を予防する効果を期待される成分が含まれているのが特徴です。

以前からアメリカやヨーロッパでは一般的な育毛剤として販売されてきた実績を持っており、最近では日本国内でもこの成分を配合したシャンプーや育毛剤などの商品が発売されて注目されています。

また、サプリメントなどの栄養補給食品として販売されており、気軽に購入することが可能です。

小林製薬の「ノコギリヤシEX」は、この成分に加え、トマトに多く含まれる抗酸化力のあるリコピンや、古くから中国で用いられてきた7種類の植物エキスも配合しています。

サントリーの「ノコギリヤシ+セサミンE」は、抗酸化作用のあるゴマセサミンとビタミンEも配合されており相乗効果も期待出来るので、気になる人は利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ