育毛剤は病院での処方が安心で効果大

額の生え際や頭頂部の髪が年々薄くなり、鏡を見ては溜息をつく男性が多くなっています。
現在、国内では800万人もの人が薄毛の悩みを抱えていると言われており、10月20日を頭髪の日と定め、毛髪と頭皮についての知識の普及を図るほどです。
抜け毛や薄毛の原因は遺伝的な要素もありますが、食生活やストレス、不適切なヘアケア、男性ホルモンの影響なども要因に挙げられます。

市販されている育毛剤が一番手軽な方法に感じられますが、自分に合うか、本当に安全なものか不安を感じる人も多く、自分で判断し購入するのが難しい面もあるでしょう。

その点、病院では症状について原因から探り、最適な薬の処方でより専門的な治療を受けることが可能です。
自分に合った薬を処方してもらうことで、効果に大きな差が生まれます。

専門用語で男性型脱毛症をAGAと言いますが、これは一般男性によく見られる髪が薄くなる状態のことです。
AGAの治療に、病院では飲む育毛剤プロペシアを処方します。

これは抜け毛の原因となる5aリダクターゼの働きを抑制する作用がある薬ですが、医師による処方が必要となり、薬局では売られていません。

また、育毛外来や発毛育毛専門クリニックと呼ばれる病院での治療は、一般的な医院が脱毛症の遅延や現状維持のレベルなのに対し、発毛が目的です。

血液検査など詳しい検査をした上で行われるため安心かつ安全で、早くて3から4カ月、長くても半年ほどで発毛や改善を実感できます。
保険は適用されませんので少々費用が高くなりますが、過去の自分に戻って若さを取り戻せるならトライする価値があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ