保険料率とは何を意味しているか

生命保険や損害保険には、基準となる保険金額というものがあって、その金額に対する保険料が保険料率です。
生命保険の場合には、通常、1000円または10万円が基準保険金額で、これに対する保険料がそれにあたります。
たとえば、保険金額1000円あたり1円の保険料であれば1円と表現されるのです。

民間の保険会社で使うだけではなく、公的年金においてもこの概念は使われており、その場合には、年金給付の原資となる保険料を算出する際に用いる乗率、という意味で使われています。

たとえば、厚生年金保険の保険料では、月例給付に相当する額と賞与の額にそれぞれの率を乗じて算出して、それを企業側と従業員が折半で負担することになっています。

また、これを使って、保険の種類、年齢、性別、保険期間、保険料の支払方法ごとに示した表が、生命保険料率表です。
民間の保険会社へ、契約者が支払っている金額に対する保険料の割合である上記率は、純保険料に関する割合と付加保険に関する割合から構成されています。

前者は、事故などが実際に発生した場合に保険として支払われるものに対して使われており、後者に関しては、保険会社が運営していくための社費のことを表しています。

前者の率に関しては、各社によって異なっていますが、損害保険に関しては、料率算出機構が公正な立場から算出したものがあり、これを損害保険各社が使用する義務はありません。
あくまで参考程度にとどめられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ