短期でも長期でも、海外に出向くのであれば海外保険の加入がお勧めです

短期間での海外旅行でも長期間の留学でも、海外保険への加入を勧められることがあります。
長期間ならもしもに備えて入っておく意味はあるように感じますが、短期間での旅行ならそもそも必要ないのではと感じるものです。
海外保険へ加入する意味としては、日本では考えられないほど高額な医療費があります。

日本で治療を受ける場合には健康保険に加入しているので、その人の区分に合わせて3割負担などで済み、手術をした場合でも高額な治療になるということは少なく、自分でまかなうことのできる範囲で収まります。

しかし、海外滞在中には健康保険は使うことができず、予想よりも高額な治療費がかかってしまいます。
国や地域により治療にかかる費用の相場は変わってきますが、盲腸になった場合でも100万円から200万円、事故により骨折した場合でも400万円もかかってしまうことがあるのです。

この金額を見ても日本では考えられないくらいの費用ですが、治療費のほかに病院までの搬送費を支払う必要もありますので、もっと高額になってしまいます。

そして、病気やけがで長期の入院を余儀なくされれば、日本から家族を呼んで付き添ってもらう必要もあり、家族の渡航費もかかってきます。
それらの費用を補うためにも、保険への加入が勧められるのです。

もちろん、けがや病気だけでなく、滞在先のホテルなどで誤って備品を壊してしまった場合には、その損害を賠償する義務がありますので、そのためにも海外保険に加入する意味があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ