国内旅行保険の必要性とは

ゴールデンウィークや夏休み、正月など、まとまった休みを取ることができる時期に旅行に出かける人は多いです。
海外という選択でなく、近場で安く国内旅行に出かける人も多くいますが、その時に旅行保険には加入しておく方がいいのでしょうか。
日本国内ですので、どこの病院を受診しても健康保険が適用されますから、海外のように高額な入院治療費がかかることはありませんし、自宅から離れているからと言っても海外に行くほどの距離や時間、費用はかかりません。

いまいち国内旅行にいくために保険をかける必要性がわからないという方が大半を占めることでしょう。
しかし、保険に加入しておくことで万一の事故や病気の際に手厚い補償を受けることができるので、いざという時には助かります。

何も病気やけがの場合だけではありません。
国内旅行保険の中には、他人の物に損害を与えた場合に損害を賠償するための補償部分も含まれています。

ホテルで間違って階下へ水漏れさせてしまった場合など、多額の損害を賠償する必要が出てきてしまうこともありますので、損害を賠償するうえでは保険は必要になってきます。

もちろん、自分の持ち物を補償する部分も含まれており、万が一デジタルカメラを壊してしまった場合なども補償してもらうことができるのであると安心を得ることもできます。

また、旅行中の自宅の盗難などの損害を補償するような特約をつけることができる保険もあります。
短期間で近場だからということで必要性がないと考えるのではなく、万が一に備えれば必要性があるのが国内旅行保険なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ