学資保険とは、定期預金の金利よりも多くの額が払い戻されます

教育費は、住宅、老後の資金と並ぶ人生の三大支出といわれています。
特に大学まで進学する場合、最も費用がかからない文系の国公立大学で自宅から通う場合でも、僅か4年の間に600万円程度の支出が予想されます。
これは、毎月12万5000円の支出に当たりますので、とても蓄えなしに簡単に支払える額ではありません。

さらに、私立の医学部などに進学すれば、この4倍以上の教育費がかかりますし、遠方の大学で一人暮らしをするとなれば、生活必需品の購入や月々の仕送りなどで、ほとんどの家庭が毎月の収入を簡単に上回ってしまいます。

こういった問題を解決するために奨学金制度が存在しますが、ほとんどの場合卒業後に返還しなければならず、子どもに借金を負わせる形になってしまいます。

もちろん、全額自費で大学に行かせる事はかなり困難ですが、できるだけ負担を軽くするために学資保険に加入している家庭も少なくありません。

学資保険は、支払い期間を定めて月々の保険料を納めることで、学費が必要になる高校、大学入学時に満期返戻金を受け取る保険です。

戻り率が高いのが特徴で定期預金の金利よりも多くの額が戻ってきますが、途中解約をすると元本割れするというリスクもあります。
そのため、何かの時のための貯蓄は別に取っておき、余裕資金で積み立てることをお勧めします。

返還方法は高校と大学入学時に分割したり、途中で祝い金として一部返還があったり、大学入学時に一括で戻ってきたりと様々なプランがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ