生涯にわたって保障してくれるタイプの保険が、終身保険です

保険には、10年など期間を区切ってその間だけの保障をしてくれるタイプや、生涯にわたって保障してくれる終身タイプの2種類が主にあります。
さらにその保険を軸にしていろいろなオプションをつけることで、保障を分厚くするのが基本です。
最終的に得なのは終身保険のタイプです。

終身保険はその加入した年齢での金額でお金の払い込みは一生変化しません。
低年齢で保険に加入すれば金額はとても安く済み、その金額で一生涯保障されるのですからお得であることは間違いありません。

また、基本の部分を一番安くして、オプションの部分を自分に合ったものにする方法もあります。
例えば、若い年齢ならば怪我や病気の可能性は低いですから、一番安い基本部分だけでいいと考えたり、女性は特有の病気がありますから、その部分の保障をオプションで付けておけば安心です。

中年ぐらいになると少し成人病ななども気にしなければいけないので、三大成人病特約などが付いているとさらに安心感が高まります。
癌を含めて死亡の原因として多いので、ここの保障は十分考えていかなければいけません。

また、病気になったとき考えなければいけないのが入院期間です。
保険の入院の補償は60日間が多いですが、これでは足りない病気もあります。

脳卒中関係は入院期間が60日以上になることが多いですから、入院期間が長く補償されている保険の方が安心感が高いでしょう。
このように、大切な部分は人によって違うので十分考えて保険を契約するといいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ