災害保険である火災保険に加入する時に注意すべきこと

災害保険としては、火災やその他の災害などによって、建物や家財が損害を受けた場合に補償をすることを目的として加入する火災保険が代表的です。
住居用の住宅に限らず事業用の建物のための保険もあり、事業用の建物の場合には、建物と什器、備品などを保障されます。

火災保険に加入する場合には、いくつか注意しておく方が良い点があります。
まず、建物の用途が間違っていないかを確認し、住居用なのか店舗兼住宅なのかなど、嘘のないように契約する必要があります。

そして、建物の構造で保険料が変わってくるので、構造をしっかりと確認してから申告します。
さらに、火災保険は建物の価値以上の保険金をかけることができないようになっていますので、建物の価値をはかる評価額も重要です。

誤って正確な評価額以上の額を申告してしまうと補償されない場合もありますので注意が必要です。
火災保険には、建物のみ家財のみに保険をかけることができるものと、建物と家財の両方に保険をかけることができるものがあります。
自分はどのパターンで保険をかけるのかを確認することも必要です。

また、補償内容に関係してくることですが、火災部分だけでは地震が起きたときは補償されませんので、一緒に地震保険へ加入するかという点も検討材料です。

最後に、一番信頼できる会社を選ぶようにするということがあります。
いざというときに安心して任せることができる保険会社を選ぶようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ