生命保険を解約する場合には

生命保険料を負担に感じたり、必要性に疑問を感じた場合には解約を検討することがあります。
解約は最善の方法のように感じられますが、一旦契約をなくしてしまうとその保障は無くなり、元に戻すということはできませんので、万が一病気になっても保障を受けることができません。

新しく加入し直すと、新しい契約が成立するまでの一定期間は効力がないので、新しい契約をしてから古いものを辞めるようにするほうが良いでしょう。
こうすれば、契約が成立していない間は古いもので補うことができます。

また、契約をなくすだけが支払額を安くしたり無駄を省く方法ではなく、契約を見直して減額したり無駄な特約を見直すなどの方法を取ることもできますので、どの方法が一番良いかをじっくり考える必要があります。

そして、最終的に契約をやめるという方法になった場合には、担当者やサービス窓口に伝える必要があります。

その時、絶対に担当者は考え直してもらおうととあれこれと言葉を並べてきますので、その言葉に流されずにきちんと自分の意志を伝えることが大切です。

だらだらと先延ばしにしてしまうと、保険料が毎月毎月かかってしまい余計に負担になってしまうので、意志表示をしっかりと行うようにしてください。

必要になる書類としては、証券や契約時の印鑑、身分証明書、銀行口座があり、サービス窓口に持っていく必要があります。
保険会社によっては必要なものに多少の違いがでてくるので、確認してから行くとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ