個人年金保険のメリットについて

個人年金保険は、被保険者があらかじめ決めていた年齢になった時から一定の期間、また、生涯に渡って毎年のように年金が受け取ることができるもので、公的年金とは違い民間の会社が販売をしている保険です。
公的年金は、昨今の少子高齢化によって制度の見直しが必要になってきています。

給付額が減ることも考えられており、この公的年金のみでは生活が難しくなる可能性も考えられ、長期化するリタイア後の生活については計画的な資産の形成が必要不可欠です。

個人年金保険はそのための一つの手段といえるもので、この保険の特徴として、定額型と変額型の2種類があります。

また、保険料の払い込みの方法については、月払い、半年払い、年払い、一時払いがあり、自分のニーズにあったタイプを見つけることができます。

個人年金保険は、普段から貯金が苦手であり、すぐに使ってしまう方にとっては向いている保険といえます。
まとまったお金について分割して自動的に銀行に振込んでもらえますので、この点でも安心感があります。

そして、確実にお金を貯めることができるというメリットもあるので、老後の生活資金を確保するのに早くから貯めたいと考えている方にとっては魅力のある保険といえるでしょう。

このように、個人年金保険は貯蓄性が高いことに特徴がありますので、できるだけ早く取り掛かるとそれだけ大きな金額を貯めることができるようになるのです。
安心した老後の生活資金のために、加入することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ