医療保険の加入は、自分に適したプランにしましょう

学生時代には縁がない人も、社会人になると必ずといっていいほど加入しているのが保険です。
家族を持つ人、特に一家の生計を担っている人であれば、生命保険の加入は欠かせませんが、誰もが一つは入っているのが医療保険ではないでしょうか。

これは、病気やけがをした場合の通院費や入院費を出してくれるのが基本の保険で、手術した場合に5万円、10万円、20万円、30万円という刻みで見舞金を出してくれるというセットも多いです。

多少の死亡保障もついてきますが、生命保険のように高額ではありません。

なお、この手術の場合の見舞金はどんな病気でも適応するかというとそうではなく、保険会社指定の疾患となりますので、この点は加入前によく確認をしておく必要があります。

また、入院をした場合のカウントの仕方ですが、当日を1日とする場合と、翌日から1日目とする場合がありますので、このあたりも気をつけておきたいところです。

日本人のかかりやすい疾患を特にフューチャーした保険や、女性特有の病気に特化したものもあります。

保険会社によって様々なプランがあり、月々の保険料もかなり違ってきますので、加入を検討される場合は複数の保険会社のプランを比較するのが賢明でしょう。

一見とてもお得に見えるプランも、自分の場合にはあてはまらないというケースも多いものです。
また、加入当初には自分に適していたプランであっても、年齢を重ねるにつれ体調に変化も出てくる場合があります。

面倒だと考えずに、数年毎に見直しを図ることがベターです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ