保険料を抑えたいならば、見直しが必須

貯金が思うように出来ない場合や生活が苦しい場合、生活の支出部分の見直しをします。
その時、必ずといっていいほど整理の対象となるのが保険です。
社会人の場合、何か一つは加入している場合がほとんどですし、複数の保険に加入している人も多いものです。

生命保険や医療保険、年金保険、学資保険、自動車保険など、年齢や家族構成、生活状況によって、その加入状況は多種多様となっています。
人によっては、収入の3割を保険料に充てている方もいますが、この場合見直しの必要があります。

また、自動車保険といった絶対加入しておく必要があるものにおいても、その内容を見直さなければなりません。
対人対物無制限は基本として、その他に、ここまで必要なのかと考えるものもあるでしょう。

また、医療保険においてもここまで手厚いものは不要というものもあります。
自分一人で考えると、これもあれも必要だと考えがちになりますので、そういう時には、保険の相談コーナーを利用してみることをお勧めします。

今では特定の保険会社にそれぞれ聞きに行かなくても、保険というくくりで相談にのってくれる場所が色々な所にあります。

そのような場所では、保険の加入についてだけではなく、現在加入している保険の見直しの相談にものってくれますので、整理を考える時に利用してみましょう。

また、インターネット上で、自分の収入や家族構成などの情報を入力し、自動的に計算してくれるサービスもありますので、まずはこのようなものを活用されるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ