子供の将来のために子供保険に早めに加入しましょう

子供保険は、子供の将来のために教育資金を準備する意味合いを持った貯蓄性の保険です。
子供の入学時にお祝い金を受け取ったり、満期時に満期保険金として保険金を受け取れます。
また、契約者である親が死亡した場合や、高度障害状態になった場合、それ以降の保険料は払込免除になりますが、保険金は変わらず受け取ることができます。

そのほかにも、0歳から契約できる医療保険や傷害保険など、子供保険にもいろいろな種類がありますので、子供が生まれたらすぐに検討したいところです。

子供の学資保険の加入をしようと思ったら、できるだけ早い方が良いでしょう。
保険料は、子供の年齢と契約者の年齢で決まります。

子供が小さい年齢である方が、より払込期間が長くなりますので、月々の保険料は安くなります。
また、保険料の支払いは毎月払うより、年払いや半年払いにした方が保険料が割安になります。

そして、子供が少し大きくなって、外でも子供だけで遊びだしたころに加入しておきたいのが、個人責任賠償保険です。

この保険は、子供が近所の車に傷をつけてしまった時や友達にけがをさせてしまった時に、損害賠償金を補償してくれるもので、万が一のために加入しておくことをお勧めします。

医療保険は、入院や手術などの時の一時的な出費をカバーしてくれる保険で、入っていれば安心です。
入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、退院後の通院や死亡保険金がついた保険などがあります。

子供が小さい時から子供名義で加入すると、月々の保険料が安く、子供が独立すればその保険を子供に渡し、保険料据え置きのまま支払っていけばいい保険もあります。

子供の保険は、長い目で見て必要なものとそうでないものを見分けることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ