やりがいのある「保険営業」の仕事

保険営業の仕事は、やりがいのある仕事です。
保険の種類の勉強や保険の仕組み、給料を発生させる仕組みなどを勉強していきます。
保険会社によってさまざまですので、会社に確認する必要があります。

研修が終わってからの保険営業の仕事の一日の流れは次のようになります。
まず、朝は会社で朝礼に出席し、顧客のところに行く前に確認事項などを聞いておきます。

そして、どの顧客のところへ行くのか前日にだいたい決めておくものなので、その日に行く顧客に応じて準備物を整えます。
企業を担当する場合は、保険の資料とアメやガムなどのちょっとしたお菓子を持ってお昼休みの時間帯に企業に入っていきます。

お昼休みの従業員相手に話しかけて保険を紹介していくのです。

年配の方などはすでに加入している方が多くいるので、新規の顧客にはなりにくいですが、自分が以前加入に携わった方に会えば挨拶と最近変わったことがないか、体調の変化はないかなどの情報収集に努めます。

新入社員や若い方はまだ何も保険に加入されていないという方が多く、また保険加入への意識が低い方が多いので、保険の説明をしたり、なぜ必要なのかという話をしながら、保険加入へのアプローチをとります。

加入しなかったからと言ってそれで終わりではなく、保険に加入するきっかけは人さまざまなので、会うことがあれば常に挨拶を心がけ、世間話でもするようにしていきましょう。

信頼関係が築けてから、保険に加入する方も少なくありません。
人それぞれ、生活が違えば、将来の不安や悩みも違います。

保険でカバーしたい内容も違ってくるので、その人にあった保険をお勧めし、万が一の時のための生活の保障をして安心して暮らせるようにしてあげるのが保険営業の仕事です。

保険を売るための試験に通る必要があり、勉強や研修も続けなければいけませんが、その分やりがいのある仕事であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ