アフラックのがん保険の特徴について

テレビコマーシャルなどでおなじみのアフラックのがん保険には、さまざまな特徴があります。
一つ目の特徴として、通院治療に使うことができる保障が付いているということが挙げられます。
通常の商品でも、通院した場合に給付金を受け取ることができる特約を付けることができますが、多くの場合、入院して治療を受けた後の通院に給付されることになっています。

しかしアフラックでは、最近のがん治療が入院治療から通院治療にシフトしていることを受けて通院治療に重点を置いており、入院しなくても補償を受けられます。

二つ目の特徴としては、がんの三大治療法である手術と放射線、抗がん剤に対して一時金が出されるということです。
一時金が給付される保障を特約として付けることができるようになっており、特約を付けない場合に比べて手厚い補償を受けられます。

三つ目の特徴として、がん治療にかかる費用だけでなく、それ以外にかかる費用もサポートできる保障が付けられているということがあります。

初めてがんと診断を受けてから、2年目から5年目に生存していることで、1年に付き20万円、4年間で80万円の給付が受けられます。

また、再発や長期治療に備えて、がん診断を受けて5年以上経過した後に所定のがん治療を受けた場合には、1回に付き100万円の給付が用意されています。

このように、アフラックのがん保険は時代のニーズに合うよう変化しており、満足を得られる保険内容になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ