年末調整の時期が来ると、通常会社は給与所得者に保険料控除の申告書を配布します

年末調整の時期が来ると、通常会社は給与所得者の扶養控除申告書や保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書という書類を、11月中旬頃に社員に配ります。
社員は、12月上旬頃までに勤め先にこの書類を提出します。
税制には社会政策上、国民年金や社会保険などを毎回支払っていたり、生命保険に加入していたり、地震保険に加入していたりする人を優遇する制度を設けており、これを所得控除と言います。

これら所得控除は、年末調整を行う上で、保険料控除申告書に記載する事で所得から控除する事が可能となり、結果として税率がかかる所得が低くなる仕組みです。

ですから、所得から控除可能な生命保険や社会保険、地震保険に加入していても、控除の申告書に記載がされていなければ年末調整で適切な手続きが行われない可能性もあるので注意しましょう。

また、控除の手続きには控除証明書に記載されている内容の他、契約者、そして受取人、加入している保険期間といった項目を正確に保険料控除申告書へ正確に記載する事と、控除証明書を添付する事が求められます。

控除証明書は10月中旬から11月にかけて保険会社より郵送されるので、捨てずに保管し、勤務先に控除申告書と一緒に提出しましょう。

他に、年の途中で会社を辞め、再就職期間を経た後に新しい勤務先に就職した人は、社会保険料の控除の適応漏れが起こる事も考えられる為、特に気を付けなければなりません。

なぜならば、就職活動期間中に支払った社会保険料は、転職前の職場も転職後の勤務先も把握していないからです。

会社勤めをしていない期間に支払った保険料は再就職後、年末調整で本人から申告をする事で初めてきちんと処理されるので、忘れずに申告を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ