ペット保険の比較ポイント

医療の進歩は人間だけでなく動物を診る世界でも進歩しており、今ではペットも質の高い医療が受けられる様になりました。
しかし、手術や入院で掛かる治療費は飼い主が全額自己負担しなければならず、高額な医療費が掛かります。
ある損保会社の調べでは、2013年のデータで、猫の1年に掛かる医療費の平均は35,599円という結果でした。

数年前から登場したペット保険の多くは、人間の健康保険の様に医療費の所定の割合を負担するものがほとんどで、大抵50%もしくは上限額付で70%程度を保障するケースが多く、中には自己負担がない分月々の支払額は大きいですが、100%補償される商品も登場しています。

動物も先天性疾患や慢性腎臓病、がんや膀胱炎など人間と同じ様に病気にかかりますし、年齢の若いうちだと、誤って異物を飲み込んで消化管に詰まり、手術を要する場合もみられます。

病気の種類にもよりますが、治療費や入院費は安くはないので、ペット医療の現実的な問題として、経済的な理由で治療の選択肢が狭まる事が多々あります。

愛するペットが病気になった時に、高い医療を望むのであれば保険に入っていた方が治療の選択に幅が持てます。
商品を取り扱う会社を選ぶ際に比較するポイントは、マイクロチップ割引や多頭割引といった割引制度の条件に合う場合、検討する余地が増えます。

加入年齢は、人間と同じでペットも高齢化に伴い医療費の負担が大きくなる傾向があるので、高齢になると加入に制限が出て来るため、何歳まで新規加入が可能かは重要なポイントになります。

自分に合った選択肢を優先して、ペットのもしもに備えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ