バイクの自賠責保険と任意保険

自賠責保険とは、正式には自動車損害賠償責任保険の事で、自動車やバイクに乗る場合、法律によって加入が義務づけられている強制保険です。
この保険に未加入でバイク等を走行した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金や、免許停止処分が課せられます。
バイクの加入方法は、車検が必要とされている250cc以上のオートバイは登録時に加入しますが、それ以下のバイクは自分自身で手続きをしなければなりません。

保険料は法律で決まっている保険なのでどこの保険会社で加入しても同じ金額ですが、排気量や契約期間により多少変動があります。
例えば、長期契約をすれば保険料は割引になります。

自賠責保険の他に、加入しておくと安心な保険が任意保険であるバイク保険です。
バイク保険では、通常の内容であれば対物賠償・対人賠償・搭乗者傷害の補償があり、付帯する特約を追加変更出来ます。

まずは補償額ですが、賠償額の平均に設定しておくと、高額になった場合に対応が可能になります。
万が一に備えるなら無制限がお勧めです。

次に、車に比べてトラブルが多いバイクのロードサービスの有無ですが、主なロードサービスは、レッカーサービスや応急修理のサービス、宿泊・帰宅費用のサービスなどがあり、充実サポートのロードサービスを選んでおくと、いざという時にも安心です。

3番目は示談交渉サービスで、この時注意したいのが、過失が0であるなど示談交渉が出来ないケースがあるという事で、あくまでも自分で示談交渉したくないという人は、弁護士費用という特約を付けることをお勧めします。

他に、バイク保険では盗難被害に対しても補償があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ