自分の車を補償する車両保険とその種類

車両保険とは、自動車が事故で損害を受けたり傷を付けてしまったりした際に、修理代を補償してくれる保険のことです。
また、こうした状況に限らず、火災や台風などで損害を受けた場合にも支払われることになっています。
任意で加入する自動車保険は、他人の損害を補償するための対人・対物補償をイメージしがちですが、こちらは他人ではなく自分の車に対する保険です。

この車両保険には、カバーしてくれる内容によって種類が3つに分かれており、保険料も異なります。
「一般車両保険」は、自分の車が損害を受けた場合、故意でない限りはそのほとんどが補償されます。

自損事故、自転車との衝突や接触、火災、浸水などカバー内容は多岐に渡り、内容は最も充実しているため保険料も高いです。

「エコノミー車両保険」は、車対車の事故に対する損害のみを補ってくれる保険で、自転車は含まれずバイクや原付といった車両だけで、尚且つ事故相手が特定可能な場合のみ保険金が支払われる対象となっています。

補償される範囲が少々限られていますが、その分保険料が一番安く済むのが特徴です。
そしてもう一つ、「エコノミー+限定A特約車両保険」と呼ばれるものがあります。

これは、一般車両の保険から自損事故や当て逃げを除く内容を補償する保険で、盗難や台風・洪水、物の飛来や落下などが対象で、保険料は一般とエコノミーの間位となっており、一般では支払いが難しいけれどエコノミーの内容では不安といった人には中間のこちらがお勧めです。

何が起こるかわかりませんし、その時に後悔しないためにも、自分の車に対するこのような保険には入っておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ