自動車事故を起こした場合に支払われる対人・対物賠償保険の特徴

任意の自動車保険には様々な種類がありますが、中でも賠償保険は、他人に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまったりした際などに補償してくれる保険のことを言います。
賠償保険には2つ挙げられ、自動車事故によって歩行者や他の車に乗っていた人などに怪我、あるいは死亡させた場合に支払われるのが対人賠償保険です。

車を乗る時に必ず入らなければならないのは自賠責保険で、この保険で支払われている保険金を越えてしまった部分に対して、任意の対人保険によって補償されます。

補償の範囲は加入する時に設定が行えるのですが、無制限としておくのが一般的です。

過去には1億、2億を超える賠償額となった例もありますし、いくら自賠責保険での補償があると言っても限られていますから、万一に備えて補償範囲も無制限の方が良いでしょう。

もう一つは、自動車事故で他人の所有物の自転車・ペット・家・塀といった物に損害を与えてしまった際に支払われる対物賠償保険で、この保険は直接的な損害を与えた場合だけではなく、事故を起こしたことで発生した間接的な損害でも保険が適用されます。

例えば、踏切事故を起こした時の復旧するために掛かった費用や、ダイヤの乱れで別の交通機関への臨時便を出す輸送代などです。

対物保険の保険金額は2,000万円が一般的と言われていますが、上記のような大きな損害を与える事故ですとこれを超えることも考えられ、近年では無制限と設定する人も多くなっています。

何かあってからでは遅いですし、安心して乗り続けるためにも、対物・対人賠償保険は加入しておく事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ