企業保険とは、経営の視点から利用する保険の事

企業保険とは、企業経営の視点から利用する保険の事を言います。
例えば、企業活動用の建物を保険の対象とする火災保険や、輸出入貨物を保険の対象とする海上保険、企業の従業員の福利厚生の為に、企業が保険の契約者となってその会社の従業員を被保険者とする生命保険などです。
これらは全て、会社経営を円滑にするのに重要な保険です。

保険商品の種類も豊富で、業界・業種毎の特有のリスクに対応するものまであり、例えば、建設業のリスク管理の為には損害保険を活用します。
建設業は他の業種に比べてトラブルが起きやすく、万が一の場合、補償に穴があったら大変です。

具体的には、工事中の隣家や通行人に対しての損害やケガに備えるのが建設工事保険で、他に、建設業に関わる作業を補償する「事業総合賠償責任保険」や、工場等から塗料等が流出し環境を汚染した場合の「施設環境汚染賠償責任保険」、企業が保有する個人情報が漏洩した場合の「個人情報漏洩保険」の種類があります。

建設業では、建設中の建物は建設業者の財物になります。
万が一、大きな復旧作業が必要となった場合には多額の費用が掛かり、その費用を補償する保険もあります。

例えば、建設中の建物が損壊・焼失したら「建設工事保険」、設備が倒壊した場合は「組立保険」、什器や設備・備品の損害に備える「動産総合保険」、災害・事故の復旧には「企業財産保険」です。

他にも、地震デリバティブ保険や火災保険等、建設業だけでも細かく補償が分類されています。

企業保険の知識に長けた専門家に相談して、会社に有利になるように選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ